ファイル共有システム【仕事の効率がアップ】

ニュース一覧

仕事の能率を考えるなら

男女

データは共有すること

『パソコンで作ったデータを上司に渡したい』という状況が頻繁にあり、それを手渡しでおこなっているのなら、仕事の能率を下げているといえるでしょう。会社内のパソコンはオンラインに繋がっているでしょうから、わざわざ手渡しをする必要はありません。作ったデータをメールに添付すれば、誰にでも簡単にオンライン上から送れるからです。しかし、一人の上司へ個人宛に送るのではなく、複数の人間に参照にしてもらいたいデータもあるでしょう。そのときは、ファイル共有を使えば、たくさんの人間に作ったデータを見てもらうことができるようになります。しかも、ファイル共有の方法は、決められたスペースにデータをアップロードするだけなので、メールで送るよりも簡単です。なお、ファイル共有を安全におこないたいなら、自分たちでの設定やフリーソフトの利用ではなく、有料のサービスに加入しましょう。セキュリティに穴があったのでは、外部から大事なデータを参照されてしまうため、きちんと対策がされている有料ファイル共有サービスがおすすめです。ただし、しっかりとしたセキュリティ対策がされているといっても、使いにくいのではビジネスには向きません。そのため、有料サービスを選ぶ場合は、ビジネス用の各種機能が搭載されたファイル共有を選ぶようにしましょう。観覧者の制限やスマートフォンの対応など、ビジネスにおいて便利だと考えられる機能を搭載していれば、さらに仕事がはかどります。

Copyright© 2018 ファイル共有システム【仕事の効率がアップ】 All Rights Reserved.