ファイル共有システム【仕事の効率がアップ】

ニュース一覧

ファイルと共有のポイント

システム

サーバーの使い分け

社内で資料を作成したり閲覧する場合、通常はメンバで共有できる場所に格納し活用されている。ファイル共有することで、同じ情報を共有できたり、複数人で資料を作成することで効率的に作業を進めていくことができる。これらのファイル共有においては、ファイル共有サービスを活用している企業が多くなっている。インターネット上のサービスを活用しファイル共有を行うことで、利便性を上げることができる。インターネット上のファイル共有サービスを利用することで、社外にいる場合にもファイルを活用可能になる。また、独自にファイル共有サーバーを設置する必要性が無くなるため、その負担を減らすことができることも魅力である。但し、インターネットを活用したファイル共有サービスの活用には注意点もある。企業で扱う資料では、外部に漏れることで問題となる資料も多い。その為、ファイル共有サービス利用時には、セキュリティ対策が十分に取られたサービスを選ぶことが必要である。また、ファイル内容によっては、社内の共有サーバーを活用するなど使い分けもポイントになる。特に重要な情報については、社内LANの環境のみで共有すると良い。インターネット上のファイル共有では、外部でもアクセスできるが、その分外部からアクセスされる恐れがある。社内の閉じた環境でファイル共有することで、それらのリスクを軽減できる。その為、ファイル内容により使い分けると効率的である。

Copyright© 2018 ファイル共有システム【仕事の効率がアップ】 All Rights Reserved.