ファイル共有システム【仕事の効率がアップ】

ニュース一覧

データ共有で仕事を効率化

ウーマン

社内のノウハウ蓄積法

インターネットの発展とともに情報通信の重要性はますます高まってきています。会社の運営においても社内に蓄積された情報をいかに有効かつ効率的に利用するかは喫緊の課題となっており、そのためには合理的に可能な範囲でデータの共有化を図ることが必要です。一般的には社内データはデータセンターに設置されたファイルサーバーなどに保管されているケースが多く、そこへのアクセス権の付与の仕方によってどの社員がどのデータを見ることができるかがコントロールされています。そのような管理をより容易にするのがファイル共有ソフトです。ファイル共有ソフトとはあらかじめ指定されたファイルのアクセス権を管理するためのツールで、これを使用することによりセキュリティを維持しつつ必要な人に必要な権限を付与することができる優れものです。より高度な使い方をしようという場合には、社内だけでなく顧客や提携先などの社外との間でファイル共有を行ったり、子会社のデータを親会社から閲覧できるようにしてグループとしての情報の一体化を図るといったことも可能です。国境をまたいでファイル共有を行う場合に注意すべき点としては、個人情報などについては国ごとに規制が行われており、無断で国外に持ち出した場合にはルール違反となる可能性があることです。そのため、事前にしっかりと規制内容を確認してからファイル共有を行うようにすればグローバル化する昨今にあって厳しい競争に勝ち抜く有用なツールとなることでしょう。

Copyright© 2018 ファイル共有システム【仕事の効率がアップ】 All Rights Reserved.